WiMAX2+ルーター比較 未分類 WiMAXとWIMAX2+の違い、現在はWiMAX2+のみに移行

WiMAXとWIMAX2+の違い、現在はWiMAX2+のみに移行



WiMAXとWIMAX2+の違い

この2つには違いがあります。

WIMAXはどういう仕組みかというと、基地局から発信されている電波を受け取って、その電波を対象のPCなどの端末に接続する中継役としての働きをしています。

固定の通信回線と比較したとき、受け取る電波の量が一律ではなく、安定した通信をしているわけではありません。

WiMAXは2009年に日本で発売開始され、その速い通信速度の代わりに、通信する電波が行き来する空間に障害物がある、山などの奥まった場所や壁に囲まれた屋内では、とても電波を受け取ることができない状態でした。

しかし、WWiMAXは通信可能な範囲が広く、都心から離れた地方でも電波を受信することができます。

さらにWiMAXは、毎月の通信速度に制限がかかることがあまりないため、通信電波をちゃんと受信することが出来るのであれば固定の回線の代用として十分活用できます。

WiMAX2+の登場

ですがWIMAX2+は、そんなWiMAXが抱えていた通信電波の脆弱性と通信速度の2つの弱みを改良した、という強みを持っています。

さらに、WIMAX2+はWiMAXが使っていた通信電波も受け取ることが可能で、通信速度の速い新たなWIMAX2+という通信電波に加えて、携帯電話などのモバイル端末で使用されているau 4G LTEという名前の通信電波の計3種類もの電波を受け取ることが可能になりました。

そして実は、WiMAXの通信電波を受信できる範囲に比べて、WIMAX2+の受信可能範囲は狭くなっています。

ですがそれを差し引いてもWIMAX2+には、従来のWiMAXを凌駕する圧倒的な通信速度があるため、有用度は非常に増したと言えます。

それに加えて、それぞれのメーカーにより違いはありますが、一般的にはWiMAXとWIMAX2+を比較したときに、月額料金には1,000円程度の違いしかありません。

WIMAX2+の通信電波の受信可能範囲は今現在も拡大し続けているので、新規でWiMAXの利用を考えている人にも、WIMAX2+は積極的にお勧めできる代物です。

現在はWiMAX2+のみに移行

今では、WiMAXは廃止されて、より高速なWiMAX2+のみになりました。

無線ネット通信のWiMAX2+です。

WiMAX2+を申し込むところはたくさんあります。

本家のKDDIのUQ-WiMAXをはじめ、いろいろなプロバイダーがあり、それぞれにサービス内容や月額料金などが違っています。

WiMAX2+のシステムそのものはみな同じUQ-WiMAXの施設や電波を利用しています。

実際にサービスを申し込むところがいろいろあります。

料金やサービス、申し込み時のキャッシュバックなどいろいろなキャンペーンがあり、迷うところです。

WiMAX2+の申し込み先をそれぞれに比較検討して、なるべく安くサービスのいいところから申し込むのが賢いWiMAX2+の利用の仕方です。

WiMAX2+の比較でまよったら、こちらのサイトが非常に詳しくWiMAX2+の比較についてまとめていました。

http://getwimax.jp/←WiMAX2+の比較についてくわしいブログです。

どうぞ、ご参考までに。