市場



近頃、携帯電話などのモバイル市場が急成長を遂げています。

いまやその勢いはパーソナルコンピュータ市場を上まわるとも言われておりスマホ等を使用する若者のパーソナルコンピュータ離れも危惧されるほどとなりました

スマホ市場には、マイクロソフトやUPル、グーグルなどの大手パーソナルコンピュータ関連、ネット関連専門業者が参入しています。

プラットフォーム、OSに対してもUPル社のiPhone、マイクロソフトのWindows Mobile、グーグルのAndroid、シンビアンのSymbianが有ります。

携帯電話製造専門業者で見てみると、NTTドコモのケースではWindows Mobile、Blackberryといったビジネスシーンに大大活躍する端末を手配しているので法人ニーズが高いのを特徴としています。

ソフトバンクのケースではは逆に個人をターゲットとしています。

iPhone 3G、Windowsケータイといったさまざまな端末を手配しています。

近年のスマホ市場をけん引している存在と言えるでしょう

もう1社auもスマホ市場に参入しているので、3大キャリアが揃ってスマホ市場に参入したことになります。

他にもスマホではパイオニア的存在ともいえるウィルコムのケースでは、通信費の安さを売りとしています。

通信速度はハイスピード化をはかり、値段は低値段を実現して急成長を遂げています。

グーグルの提携しているAndroidの登場によって、スマホ市場はさらなる発展を遂げたのです。

いまでは新機種の大半にAndroidが導入されています。

たった数年でスマホ市場は大きくチェンジを見せています。

スマートフォン選びのポイント

さまざまな機種のスマホがあるなか、どれを買入しようかたいへん頭を抱えるとおもいます。

スマホは新しければいいというわけではございません。

スマホのスペック(機能)やデザイン的、経費をかんがえて総合的に判断することが重要です。

スマホ選びのポイントとして、1つめは運用お目当てで選択することによってす。

ビジネスで主に使用するのか、インターネットを中心として使用したいのか、AVシステムをよく使用したいのか等個々のお目当てに存在した端末が有ります。

スマホは携帯電話やパーソナルコンピュータと比べると自由な扱い方を楽しむことが出来ます。

携帯電話みたいに会話することができたり、パーソナルコンピュータみたいにインターネットを行うことができたり、より一層TwitterやFacebookなどのコミュニケーションツールを運用することも出来ます。

インターネットをよく使用するという人のケースはば、液晶画面は大きい方が見易いとおもいます。

ビデオや写真等をよく視る人、編集する人のケースはば、画像解像度がきれいな方がいいとおもいます。

アニメーションムービー等をパーソナルコンピュータと同じように使用したい人のケースはばFlash10.1が入っているものがいいです。

Flash10.1を選びたいときにはAndroid2.2の端末を選択するといいです。

Twitter等をよくする人は、待受け画面からワンタッチ表示でハンドリング出来るものが楽だとおもいます。

こみたいにしてスマホの運用方式は、自分が楽しみたいとおもう使途をかんがえてそれに合った端末を選択することがポイントです。

タグ: , , , ,