SoftBank004HW



コンパクト大きさで手のひらにおさまりがいいスマホと言えば“SoftBank 004HW”です。

プラットフォームにはAndroid2.2を採用しています。

Webハンドリングもアプリケーションケーションも精神的いらいらを感じないほどの処分力で爽やかに使用することが出来る機種です。

AndroidのマーケットやGoogleサービスも充実しています。

スマホのボディは薄さが11.2mmというコンパクトなボディで重量も120gと軽量です。

手になじみ易いように丸みのあるボディデザインとなっています。

メニュー画面を携帯電話と同様のスタイルにすることも出来るため、初めてAndroidが採用されているスマホを持つという人にもおススメです。

従来の携帯電話の容量でスムーズにハンドリングすることが出来ます。

SoftBankE-mail用の専用アプリケーションケーションも付いているので、買入して早速にS!E-mailを使用することが出来ます

言語だとしても外国での運用も可能なように10ヶ国語表示に対応したものとなっています

言葉入力に対しては、ニホン語と英語と中国語でおこなうことが出来ます。

コンパクトなデザインは女の人を中心に大好評を集めるデザインといえやうです。

2011年3月売り出しの品物です。

ディスプレイに対してみていくと3.2インチのTFT液晶で、カメラの画素数は500万画素です。

Wi-FiにもBluetoothにも対応しています。

本体色はブラックとピンクの2色を手配しています。

ソフトバンクの方向性

最高のスマホを顧客に提供しようとソフトバンクがこだわり抜いていること。

それはスマホの全機種に対して、Androidを採用したことに有ります。

ソフトバンクは常に他社と比べるといいものを、高スペック(機能)なものを提供したいとかんがえています。

ソフトバンクがAndroid2.2にこだわり全機種に採用させた理由としては、バージョン2.2とそれ昔のバージョンではかなりシステムに差があるためです。

Android2.2ならばパーソナルコンピュータと同様の感じでムービーを運用したりコメントを記載したりFlashコンテンツを使用することが出来ます

Flash10.1も採用されています。

アプリケーションケーションに対しても本体メモリに保全するのをやめて外部のメモリストレージに保全することによってハンドリング性をよくすることが出来ます。

またすでにインストールしてあるアプリケーションケーションに対しては自動更新が可能となるシステムも付いています。

こみたいにAndroidは2.2になって使い勝手がすごくよくなったのです。

Android2.2を積極的に取り入れたのは外国端末が中心でした。

外国端末はいくつかニホン向けにカスタマイズされますが、時間がなくてうまくできなかった例もいっぱい有ります。

ソフトバンクでは他社と比べると上を、最新のものを目指しました。

しかしながらそれによって大きな課題も残すこととなりました。

ソフトバンクが手配したスマホは個性的なものが沢山ため、近年携帯電話を使用している使い手やスマホ初心者が乗り換えるには少しばっかりシビアな収穫となりやうです。

以後これらを少しばっかりだとしても克服出来るようにしていくことがソフトバンクの課題だとおもいます。

タグ: , , , ,