BS、CS放送の費用




現在、地上デジタル放送を視聴するためには、地上デジタル放送対応のテレビ、もしくはチューナーが必要です。
ただ、それ以外の出費は概して無用のが現状で、場合によってはアンテナの新たな購入が必要に関してがあるくらいです。
その一方で、BSデジタル放送、CSデジタル放送を視聴するためには、それ以上の出費が必要となります。
BSの場合は、BS/CS110°放送兼用のアンテナが必要です。
このアンテナを自分で設置する場合はアンテナの購入費用だけで良いのですが、アンテナ設置を業者に頼む場合は、数千円~数万円の費用が別個かかります。
一方、チャンネルに関しては、各民放(BSフジ等)は無料での視聴が可能です。
但し、WOWOWやスターチャンネル等は月額の費用がかかります。
尚、NHKのBSを視聴する場合は、衛星カラー契約として月945円の支払いが必要となります。
CSのアンテナやチューナー等はBSと同じです。
ただ、チャンネルに関しては、無料放送はほとんどありません。
WOWOWなどと同様、月額での支払いとなります。
そうして何よりことなるのは、基本料金が必要という点です。
また、アンテナやチューナーのレンタルも行ってあり、それを利用する場合は月額で費用が発生します。
チャンネル料は、各チャンネルによってそれぞれすごく異なります。
月々1,000円以内で見て取れるチャンネルもあれば、数千円のチャンネルもあります。

ケーブルテレビと地上デジタル放送


ケーブルテレビを契約している人は、地上デジタル放送開始に伴い、ケーブルテレビの契約を見直そうとしているかもしれません。
地上デジタル放送を見分けるにはアンテナが必要ですが、ケーブルテレビの場合はアンテナが要らないため、ケーブルテレビを見ながら地上デジタル放送を見極めることができないのでは?というのも当然ですね。
ただ、ケーブルテレビを利用して地上デジタル放送を観る方法というのもあります。
ケーブルテレビは、マスターアンテナを用い各局の電波を一括受信します。
そうして、そうしたら各家庭に対してケーブルでの配信を通じています。
アンテナは必要なくチューナーのみで視聴が可能で、そのチューナーも購入額や購入するか否かという点が変わってきます。
そんなアンテナの無用ケーブルテレビで、地上デジタル放送の受信を行う放送は、3つあります。
同一周波数パススルー方式、周波数変換パススルー方式、トランスモジュレーション方式の3つです。
そうして、この中で断然多くの事業者が利用しているのが、同一周波数パススルー方式です。
同一周波数パススルー方式は、地上デジタル放送をもちましてケーブルを通して家庭へと送る方式となっています。
そのため、特別にケーブル専用の道具を必要とせず、通常の接続において地上デジタル放送の視聴が可能となります。
以前はBSとの混合を許可していない業者もありましたが、近年それではほとんどが普通の地上デジタル放送の視聴環境と同じような環境での視聴を可能としています。

地上デジタル放送の視聴環境を整えよう


いまだに地上デジタル放送の視聴環境が整っていない家庭は、早めに整えておきましょう。
環境によってはアンテナの買い換えなどが必要になる場合もあり、その場合は業者に設置を依頼するケースが多いと思いますが、状況によっては依頼者が殺到し、自分達のおもう日奪い取りで工事を通してもらえない可能性があります。
一際、2011年7月24日という日にちには、注文の殺到が予想されます。
それよりもさんざっぱら余裕を携帯して、地上デジタル放送の視聴環境を集めるようにしましょう。
ただ、ふらっとチューナーやアンテナを購入する前に、特にしておくことがあります。
それは、電波ときの確認です。
現実で、地上デジタル放送を視聴できるかどうか、電波の受信レベルを確認します。
アナログ放送が観られたから地上デジタル放送もOKかというと、そうとは限りません。
この電波の受信状態次第で、アンテナを購入するか、あるいはブースターを購入するか、チューナーやテレビの購入だけで良いのかという判断を下すことができます。
電波の調査は、私だけで立ち向かうことはできません。
従って、専門家の業者に任せる必要がありますが、調査だけを依頼する場合はお金が要することが多い一方、アンテナの設置まで行えば、調査費の方は無料として受け取るというサービスを通じている所が多いようです。
ただ、調査してみなければ増設が必要かどうかがわからないので、耐え難い所ではあります。
明らかに周囲の家庭でアンテナを差し換えなくても地上デジタル放送を視聴できている場合は、調査せずに導入しても良いかもしれません。

地上デジタル放送対応機器


自分達の家が地上デジタル放送を視聴できる状態になったら、次は対応機器の購入です。
ひとまず、テレビが地上デジタル放送対応かそうでないかを確認しましょう。
現代では、一家に複数テレビがある家庭が全く多くなっています。
そのすべてのテレビをチェックする必要があるので、しっかり確認しておきましょう。
テレビが地上デジタル放送未対応の場合は、テレビ自体を買い換えるか、チューナーを購入するかの二者択一となります。
仮に現在使用しているテレビがまだ新しく、あと何年も利用できるというのであれば、チューナーの購入をお薦めします。
一方、サイズが悪い、古い等の理由で今や長くは使わないという場合は、テレビ自体を買い換えても良いでしょう。
液晶テレビの寿命は、大体6物事間と言われています。
一日に10時間テレビをつけているとすると、大体6,000日、つまり17年くらいは持つということになります。
それを踏まえた上で、現在のテレビを買い換えるか、チューナーを購入するかを決めると良いでしょう。
チューナーは、これまでに数社が販売してあり、その価格は大いに下がってきています。
ただ、今後これ以上著しく落ちる可能性はあまりなく、買い時になってきています。
また、プレイステーション3というゲーム機を持ち歩いている人であれば、録画機能もついた「torne(トルネ)」という周辺機器を購入すれば、次いで地上デジタル放送を視聴できます。
チューナーにもいくつかの機能があるので、それも踏まえて購入する機器を検討しましょう。

タグ: , , , ,