WiMAX2+ルーター比較 リスティング ネット広告のメリット、デメリット

ネット広告のメリット、デメリット




リスティング広告をはじめとするネット広告が急成長を遂げています。
ネット広告というと、パソコンを携帯していて、インターネットを接続している人なら、誰でも手軽にほしい情報を得ることのできる大変便利なものです。
また、広告をうつ側にもたくさんのメリットがあります。
今までは、広告を大々的に生み出せるのは、資金的にも余裕のある大企業だけでした。
ちっちゃな会社や、個人が営むちっちゃなお店では、広告をうつ資金にも限界があります。
但し、ネット広告では、ちっちゃな会社けれども、的確にターゲットに情報を与えることができるのです。
そうして、それに成功すれば、大きな成果に結び付くこともあるのです。
実際に、こうしてエライ会社が数多く存在します。
それは、ネットサーフィンを通じていても、よくわかります。
店舗を欠けるちっちゃなウェブストアも、商品が好評で、「SOLD OUT」となっているのをよく見かけます。
その度に、「みんなよく知っているなぁ」と感心してしまいます。
ただし、ネット広告には、メリットばかりではなく、デメリットもあります。
最近では、パソコンの普及率もガンガン上がってきていますが、徹頭徹尾パソコンユーザーのみが、相手の商売という点です。
パソコンを使わない年齢の厳しい層には、情報も届かないのです。
年をとると、誰しも、家にいる時間が長くなって仕舞うものです。
買いものも、近所のスーパーで済まして仕舞うという老人が多いことでしょう。
一部の高齢者は、パソコンを駆使し、食材や日用品をネットで注文している人もいるかもしれません。
但し、高齢者の大半は、パソコンに接するのも無理と、パソコンとは無縁の生活を送っているのが現状です。
そういった層には、リスティング広告をはじめとするネット広告は届きません。

ネット広告の種類

ネット広告とひとまとめに言っても、いやに様々な種類の広告があります。
特に、皆さん、よく知っているのが、「広告」ではないでしょうか。
Webサイトの上などに表示される、四角に囲まれた画像の広告のことです。
この広告をクリックすれば、その商品や企業のサイトに飛んで、明るい情報を見分けることが出来るしかけとなっています。
これは、Web広告と呼ばれるもので、他にも、検索エンジンによって検索したときに、自社のサイトが上位にリスト浴びるしかけの「リスティング広告」が代表的なWeb広告です。
自分の会社が上位のほうにリストされていれば、それほどみんなの目にとまり易くなります。
リスティング広告は、情報を求めているユーザーに対して、ピンポイントでコネクションの厳しい広告が出せ、効率がいいと、今注目のネット広告です。
個人のホームページによるアフィリエイトもこの中に入ります。
アフィリエイトは、近年どんどん注目度があがってきているので、知っている人、やっている人も多いかと思いますが、ここで説明しておきます。
自分で商品を選び、それを自分のWebサイトなどで紹介します。
売れれば、それに応じて報酬が支払われます。
紹介するだけで利益になるのです。
ハウスキーパーは、Webページを見やすく工夫したり、どうすれば、紹介している商品の良さが効果的に伝わるか考え、ページの改善に勉めなくてはなりません。
完全成果報酬制なので、広告主はリスクを避けられます。
Web広告は、パソコンユーザー側から、広告のあるWebサイトを出向くことで成り立つのです。

メルマガ


webの広告は甚ださまざまな種類があり、少しずつその特徴も変わってきます。
広告やリスティング広告はWeb広告と呼ばれるものです。
最近では、リスティング広告が主流になろうとしていますね。
メール広告と呼ばれるeメールによる広告もあります。
広告の内容を個人宛にメールで贈ることは全てメール広告にあたります。
「メルマガ」って言葉は最近では普通に耳にしますよね。
定期的にたいてい決まった人に商品、サービス情報をメールでおくるのが「メルマガ」、略して「メルマガ」です。
メール広告のメルマガ、メルマガは、日本で発展したものであるって知ってましたか?あらかじめメールアドレスを登録した人に対してのみ、定期的にメールで商品やサービスの情報などを広告で見せるものです。
メルマガは、ものすごく二つに分かれます。
ひとつは、店から顧客に対して来るメールです。
一度でも買いものをしたお客に対して、新商品の案内や特売情報、セール情報が配信されます。
メルマガの読者だけの特典などもあり、お客の側もいつもよりもお安く買いものが出来るお得なアイテムになってきています。
私も、スキな雑貨屋のメルマガ配信に登録しています。
これから大々的にセールが始まる前に、メルマガ読者限定のプレセールもののものもあり、お得にショッピングを楽しんでいます。
セールというと皆、速く行かないと済むものは先にとられてしまうと焦ってしまい買いものを楽しむ余裕などはありませんでした。
但し、大々的なセールとは変わり、メルマガ読者しか知らない情報な為に、まだいい商品もたくさんあり、つい得した気分でお安くゆっくりと買いものを楽しむ余裕もありました。
この時は、「メルマガにはいっていてよかったな」と思いました。
メルマガはひと度登録すると、定期的に情報をメールで知らせてしまう。
このメルマガの情報をかしこく利用すれば、いつもよりも得して買いものやサービスが受けられますよ。

モバイル広告

最近は、携帯電話でお得な情報をゲットしている人多くなってきましたね。
飲みや食事に行く時、割引クーポンを利用せずに飲食する場合と、割引情報、クーポンによって飲食した場合とでは、わずかですが、差がでてしまうよね。
私は、飲みや食事に行く時、旅行に行く時などきっちり、ネットで多少なりともお得な情報はないかと検索してからでかけます。
外出時でも、お得な情報、クーポンを携帯電話によって探します。
そのクーポンを画面保存しておいて会計の時にスタッフに見せたら、飲食代5%オフや、ドリンクモリモリ無料など、お得なサービスがついてきます。
お金のない学生さんの飲みや、家計をやりくりしている主婦は、そんなふうにゆう情報に非常にわかり易い方も多いでしょう。
最近は、不景気でお父さんもお小遣いのやりくりは大変そうですね。
でも、いっぱい飲みに行きたい時、携帯でクーポンやお得な情報を探して賢くやりくりしているようで、そんなにゆう時折果たして硬い味方です。
携帯電話によるメールやWebの広告のことを、携帯広告、モバイル広告と言います。
今では、携帯を持って乏しい人を見出すほうがとってもなくらい、みんな持っています。
若年層にユーザーが多く、「常に持ち歩いている」という点から、細かな時間や場所を限定した広告を打てるという特徴があります。
電車での移動時、通勤時間を賢く利用してチェックしている人も多いようですね。
ネット広告の種類にもいろいろあります。
お家でパソコンから買い入れる情報、出先の携帯から買い入れる情報。
どこにいても、手軽にお得な情報を得ることが出来る便利な時代になったものですね。
広告、リスティング広告、アフィリエイト、メルマガ、モバイル広告とネット広告は次々進化し、その種類もサクサク増えていっているようです。
いつでもお得なサービスを得たい、お得に良いものを買いもの目指すという私達の気持に申し上げるのが広告です。
中それでも、リスティング広告は低予算なのに効率よく効果が期待出来る広告として注目されています。

リスティング広告の歴史


ネット広告は、1995年に始まったと言われています。
ですから、いまだに、20年足らずの歴史しかありません。
従って、料金設定やそのしくみも未だ発展途上にあります。
広告の形態や種類によって、今後も初々しいしくみがグングン開発されることでしょう。
但し、この少ない期間でネット広告は私達の暮らしに実に浸透していますし、かつての新聞の折り込みちらしやTVのコマーシャルにとってかわろうとしています。
これから、今以上になおさら多種多様なネット広告が出現することでしょう。
今、注目されているネット広告といえば、リスティング広告がありますが、リスティング広告が始まったのはいつからでしょうか?
ひとたび、1992年に、日本もインターネットが通じるようになりました。
そうして、1995年にYahoo!JAPANのサービスが開始されました。
その5年後、2000年にGoogleが始まりました。
当時は検索のサービスだけで、リスティング広告はまだまだ始まっていませんでした。
PCのリスティング広告のサービスが始まったのは、Yahoo!JAPAN、Googleともに2002年からのことです。
まったく、10年足らずしか経っていません。
モバイルでのリスティング広告はどうでしょう。
1999年にNTT docomoのiモードが始まり、現在のように携帯端末でインターネットが助かるようになりました。
そうして、2001年にGoogleのモバイルサービスがスタートしました。
モバイルのリスティング広告が始まったのは、Yahoo!モバイル、Googleモバイルともに2006年からの事。
モバイルのリスティング広告にいたってはサービス開始から、未だに5年しかたっていないということができます。
PCのリスティング広告スタートから10年足らず。
モバイルのリスティング広告スタートから、5年。
まだ、目新しいできたばかりのネット広告なのです。
但し、リスティング広告は「これからのネット広告」として非常に注目されています。

PCのリスティング広告会社

今注目されているネット広告であるリスティング広告。
PCのリスティング広告スタートから10年足らずしか経っておらず、ネット広告の中それではちょい初々しいタイプの広告です。
モバイルのリスティング広告にいたってはスタートから、まだまだ5年の歴史しかありません。
ただし、PCを開いてみると、画面の大半にリスティング広告が掲載されています。
日本では、どういうリスティング広告会社があるのでしょうか。
よく訊く会社もあれば、からきし聞いたことのない会社もあることでしょう。
では、PCのリスティング広告会社を紹介します。
以下の4つがPCにおけるリスティング広告のサービスを提供しています。
1、Yahoo!リスティング広告・・・(広告サービス名)スポンサードサーチ・・・(配信先)Yahoo!JAPANなど
2、グーグル・・・・・・・・・・(広告サービス名)Google AdWords・・・・・(配信先) Googleなど
3、ジェイ・リスティング・・・・(広告サービス名)ジェイアドリスティング・(配信先)ライブドアなど
4、クロスリスティング・・・・・(広告サービス名)レモーラリスティング・・(配信先)goo、エキサイトなど
それぞれ、どうして違いがあるのかというと、「広告の配信先」と「クリック単価」という点で違いがあります。
上記に付け加え、それぞれパートナーサイトがあり、そこでも広告が掲載されるしくみになっています。
現状では、Yahoo!リスティング広告が一番数多く利用されてあり、それでGoogle AdWordsの順です。
この2社で約8割をカバーしています。
その理由は、シンプル。
日本においては、検索で使われているWebサイトの1位がYahoo!JAPAN。
それでグーグルだからです。
ということは、PCの場合においては、その大半を占めているYahoo!リスティング広告とGoogle AdWordsの2つに出稿するだけでもかなり効果が望めるということが言えますね。

モバイルのリスティング広告会社


日本でモバイルのリスティング広告のサービスがスタートしたのは、2006年。
引き続き歴史の浅いモバイルのリスティング広告ですが、日本でモバイルのリスティング広告のサービスは以下の7つのサービスになります。
1、スポンサードサーチモバイル
2、Google AdWordsモバイル
3、サーチテリア
4、アネモネリスティング
5、ジェイアドリスティングモバイル
6、ケータイプレミアムサーチ
7、iモード検索連動広告
モバイルのリスティング広告は、PC版に比べると、画面が可愛い為、文字数も少なくなって仕舞うという弱点があります。
Google AdWordsとGoogle AdWordsモバイルを例に挙げて文字数の違いを見てみると、PCの場合だとタイトルが全角14文字、テキストが全角34文字。
モバイルの場合は、タイトルが全角12文字、テキストが全角12文字。
テキストの文字数は甚だ少なくなってしまいます。
これは、携帯電話端末の画面の小ささを考えると仕方ありません。
携帯電話端末の画面で1行に表示出来る文字数は、11文字前後。
これ以上多くすると、画面と文字とのバランスが悪くなり、文字ばかりで非常に見にくくなってしまうのです。
が、出先で、通勤や待ち時間などちょっとした空き時間に携帯を見ている人はものものすごく多いです。
もしかしたら、リスティング広告を目としている人の割合は、PCよりもモバイルのほうが多いかもしれません。
そんなに考えると、モバイルのリスティング広告においては、限られた文字数でどんなにカワイイ文面を考えるかが重要になってしまう。

「Yahoo!リスティング広告」と「GoogleAdWords」

インターネットの急性普及に伴いネット広告が、今、注目されています。
別にリスティング広告は、低価格でできるものの、効果的でその効率の良さがうけているようです。
リスティング広告はパソコンのみならず、携帯の検索結果にも広告を表す事が可能それで、ネットユーザーのみならず、携帯ユーザーに対してアプローチが可能となるのです。
携帯電話は、もはや携帯していない人を編み出すほうが耐え難いくらいで、パソコンよりも所持率は良い生活七つ道具となっています。
リスティング広告は個人で出来ます。
あまり広告相談役に委託する必要はありません。
あなたも、リスティング広告を試してはみてはいかがでしょうか。
リスティング広告会社は、日本には大きく2つあります。
「Yahoo!リスティング広告」と、「GoogleAdWords」です。
「Yahoo!リスティング広告」は、Yahoo!の検索結果と人気のmixi等のパートナーサイトに表示されます。
「GoogleAdWords」は、Googleの検索エンジンとパートナーサイトに表示されます。
世界それではGoogleのユーザーの方が多いのですが、日本ではYahoo!の方が検索エンジンのシェアが60%あり、自分にはYahoo!のほうが親しみやすく、使いやすいかと思います。
私も、グーグルより、Yahoo!をよく扱う為、Yahoo!に慣れてしまっています。
次に、リスティング広告を行うにはリスティング広告を扱っている会社に登録することが必要となってきます。
Yahoo!の広告を扱っているのがこの「Yahoo!リスティング広告」です。
旧、「overture」です。
今、日本でのヤフーのシェアは約6割近くを誇っています。
特徴としてはそのシェア率の高さを活かした、キーワードマッチにあります。
キーワードマッチとは、自分の売りたい商品に関連するお客様が検索しそうなキーワードを予測し、それをあからじめ入札しておきます。
そうして、お客様がそのキーワードを検索したときにその商品の広告も上記画面の個所に表示させる事をいいます。
これによって、確実に要望がある事を確認することができます。

「GoogleAdwords」とは?


リスティング広告の会社「GoogleAdwords」について説明します。
日本ではYahoo!のシェアは約6割近くを誇ってあり、Yahoo!に軍配を譲っている現状ですが、世界それでは逆で、googleは約6割のシェアを誇っているのです。
日本で人気なのは、Yahoo!。
世界で人気なのは、googleなのです。
検索については、Yahoo!の次にシェアがあるGoogle。
Googleの検索エンジンは、「Biglobe」「nifty」「infoseek」等にも提供しています。
これらを全部合わせると日本のシェアはヤフーとグーグルで2分していると言ってもいいでしょう。
また、GoogleAdWordsはオーバーチュアにはない強みを所持しています。
それは、スゴイ広告表示回数を可能にするコンテンツマッチがあることです。
このコンテンツマッチのメリットは、ありとあらゆる関連するブログやサイトに表示される為、 アクセスを結わえる多くのブログやサイトに表示される事により、1日で何気なく10000回を超える広告表示を可能にする事です。
ただし、興味本位のみでクリック患う率が良いという弱点もあります。
これは、キーワードマッチよりも無駄なクリックが重なる可能性が大きいという事です。
実際、「GoogleAdwords」のサイトをのぞいてみました。
説明が簡潔に書かれていますが、絵などもない為か、はじめてリスティング広告を始めようとする人にとっては、チラホラとっつきにくい感じもします。
但し、「アドワーズご利用ガイド」をダウンロード出来るようになっています。
「基礎編」と書かれてあり、こちらは文字も激しく初心者にもわかりやすいかと思います。
広告のお申込みから掲載までの流れがわかりやすく説明されています。
興味のある方は、初めてホームページをのぞいて下さい。

おすすめのリスティング広告サービス会社は?

リスティング広告に興味を持ち、始めてみようとお考えの方もいることでしょう。
なので、どこのリスティング広告サービス会社がいいのか引っかかるですよね。
リスティング広告ビギナーにもお勧めのリスティング広告サービス会社とは?
はじめてリスティング広告を行う方は、意外と「Yahoo!リスティング広告」をお勧めします。
その理由としては、次の二つです。
・日本で6割近くの検索シェアを誇っている点。
・リスティング広告に初めて挑戦する方が、これから学ぶためのコンテンツがGoogleAdwordsに対して充実している点。
「Yahoo!リスティング広告」のサイトをのぞいてみると、初心者、ネット広告の知識が僅か人も、わかりやすく絵を多用しています。
絵が多く、しんどい言葉の少ない親切な説明が印象的です。
動画による初級・中級に分かれた説明は自分の段階をおって学ぶことができます。
また、よくある質問等は大いに役に立ちそうですね。
電話でのサポートも付いているので、もしももの時も安心ですね。
最低限の出稿に関しては、これらを活用すれば、こと足りるのではないでしょうか?
最近は、リスティング広告の注目度も激しく、リスティング広告の効果的用法をまとめたホームぺージもたくさんあります。
わからないとき、再び知識を増やしたいとき、更にひと段階上を目指し示したいという方は、このようなサイトも大変役にたつと思いますので、ぜひのぞいて下さい。

タグ: , , , ,