WiMAX2+ルーター比較 リスティング 「リスティング」とは?

「リスティング」とは?




リスティングという言葉は聞いたことがありますか?聞いたことがないという方も、次の説明を聞けば、「あぁ、あれのことか。
」と納得してもらえると思います。
とにかく、「リスティング」という言葉の意味のみを単純に調べてみますと、「名簿。
カタログ。
表。
目録。
リスト。
カタログ。
」とでます。
また、違うところでは、「データ群の中再びある特定の条件を基本にデータを分類、または抽出すること。
たとえば、メール配信の対象者を絞る場合に『リスティングする』など。
」とあります。
では、リスティング広告とはどういったもののことなのでしょう。
皆さん、インターネットでダラダラ興味のあるものや、ほしいものなど検索すると思います。
その画面を思い浮かべて下さい。
ヤフーやGoogleで検索したとき、画面の上部と画面の右側にいくつかの広告が出ていますよね。
それが、リスティング広告というものです。
言葉を知っている人は、数少ないかもしれませんが、普段よく目としていた「あれ」のことです。
また、色々なサイトや芸能人のブログ、興味のあるブログをよくのぞくことがあるでしょう。
サイトやブログの画面の下の方にも、同じ広告を目にしませんか?そうです。
それも、同じくリスティング広告です。
広告というと、新聞に挟まっている折り込みチラシも元祖広告ですよね。
皆さん、一番馴染みのある広告とも言えるのではないでしょうか。
ただし、最近では、インターネットの普及により、広告のあり方も変わってきています。
最近の折り込みチラシの量、以前より少なくなっていませんか?広告も紙面からインターネットに舞台を移しているだが多いということでしょうか。

リスティング広告

現在、新聞をとっていない家庭が増えてきています。
受験生の小論文対策や仕事のありとあらゆる場面での自治情勢の会話には、どうしても、新聞をとっているほうがいいでしょう。
私も、大学受験の際には、「受験、小論文には、○×新聞を読んでおくとためになる」と先生に言われ、一時だけ、そこの新聞をとってくれるよう親に頼んだ思い出があります。
但し、それ以外の一般家庭で、新聞をとっている家庭がどのくらいあるのでしょう。
その背景には、長引く不況により、どこの家も節約モード。
多少なりとも無駄を省きたいと考える家庭が多いことが考えられます。
それと、あまり。
インターネットの普及も著しく影響しているようです。
読みたい、興味のある記事だけをインターネットで検索すれば、簡単に掴むことができる時代です。
新聞を端から読んでいくとまったく時間がかかります。
インターネットだと、興味のある記事、読みたい記事だけ、検索ワードをいくつか入力すれば、サッと読みたい記事を探し当てることができるのです。
どちらが容易でしょう。
新聞が悪いと言っているのではなく、今の人の慌しい一生には、インターネットのほうがあっているのかもしれないということです。
新聞にきっちり、挟まれていた折り込みチラシは、人々に馴染みのある元祖広告です。
ただし、新聞を取り去る人が減ったということは、折り込みチラシを目にする人も減ったということです。
ただし、私達はインターネット上でたくさんの広告を知らずのうちに見ているんです。
ヤフーやGoogleで検索したとき、画面の上部と画面の右側にたくさん広告が出ています。
サイトやブログをのぞくと、画面の下辺りに同じく広告を目にすると思います。
それが、リスティング広告と呼ばれるものです。
「リスティング広告」というワードは初耳の方けれども、先ほどの説明を聞けば、あれのことかと理解して受け取ることと思います。

リスティング広告の良さとは?


リスティング広告は、ネット社会の現代では、買い手に大きな影響を与える広告になってきています。
では、このリスティング広告の良さはどのような点なのでしょうか?リスティング広告の良さは、検索やブログ等に出ているのもそうですが、情報を求めているユーザーに対して、ピンポイントで関連性の厳しい広告が出せるという点です。
わかりやすく例を挙げてみます。
ピアノの習い事がしたくてピアノ教室を探しているとします。
それをインターネットで情報を調べようとしたとき、どのように検索ワードを入力しますか?「習い事・ピアノ」や「音楽教室・ピアノ」などでしょう。
このときに広告主はこれらのキーワードを入札しておく事で、「 習い事・ピアノ 」「音楽教室・ピアノ」 と検索したときに、ピアノの習い事をしたい、興味がある人に対して、「 ピアノを習いたいならここ! 」等の的確な広告文をうつ事により、売上アップに結び付ける事が可能になるわけです。
リスティング広告の良いところは、本当にここだと言えます。
この例でいえば、検索時点でピアノに興味があると絞り込んだ人に、ピンポイントでピアノ教室の広告を提供することが出来る点です。
新聞の折り込みチラシと比較しても、リスティング広告のほうが、いやに効率がいいのです。
あんまり、リスティング広告の良いところがあります。
リスティング広告は、費用が少額ですむというところです。
折り込みチラシで広告を出そうとした場合にかかる費用は10万円~と、結構高額で躊躇してしまう金額です。
これは、1回分のみの費用です。

「検索する言葉に反応する広告」

「検索する言葉に反応する広告」の代表とも言えるのがリスティング広告と呼ばれるものです。
検索エンジンであるキーワードを入力したときに、それに関連した企業のホームページが検索結果のリストに表示される仕組みになっています。
リスティング広告は、そこそこ真新しい手法で、目に付くようになったのは、ここ数年ところが、急速に普及しています。
皆さんも、「リスティング広告」という言葉を依然知らない方も多いのではないでしょうか。
ただし、リスティングという言葉は知らなくても、インターネットユーザーなら普段から目としていることでしょう。
たとえば、ヤフーで、「引っ越し」と検索したとき画面の上部と画面の右側に「スポンサーサイト」が表示されますよね。
これが「リスティング広告」です。
勿論、クリックすると、引っ越し業者のホームページに飛ぶことができ、問い合わせから見積もりの依頼までできます。
あえて、パソコンで、「引っ越し」と検索する人は、かなりの確率で引っ越ししたい、或いは引っ越しの予定がある人達です。
その人達に向けて、引っ越し業者の広告を表示できるのですから、リスティング広告は理由が大きいということは間違いありませんよね。
引っ越しというと、テレビのCMでおなじみの大手の業者が憧れ浮かびますよね。
但し、リスティング広告で近くに親切そうで、しかも安い引っ越し業者が見つかれば、それにこしたことはありません。
情報を欲する私達も、今まで知らなかったちっちゃな引っ越し業者をわかることができます。
そうしてテレビのCMや新聞の折り込みちらし等のような莫大な費用の繋がる広告をうてない業者にとっても、リスティング広告の利用価値はあんまり狭くはないのです。

ネット広告発展の訳


なんで、今、リスティング広告などインターネット広告が急成長しているのでしょうか?その背景にインターネット環境の急性拡大と普及があったことはわかります。
既に、一家に一台はパソコンがあるのは当たり前の時代です。
家でインターネットができないという人も、サイバーカフェなどで、手軽に引っかかる情報を得ることができます。
そこまで、インターネットと、私達の距離は身近なものになってきているのです。
但し、ネット広告の急成長の理由はそんなにでしょうか?いや。
ネット広告と呼ばれるものは、たくさん利点があるようです。
やっぱり、多くの利点があってこそ、今の急成長があるのですね。
1、ターゲットの正確な絞り込みが簡単に出来る点
2、広告の送り手と受け手の間の「良い双方方向性」
3、おっきい匿名性と手軽さ
4、消費者の要望に合致するネットの検索機能
これらの利点が、インターネット広告の急発展の土台となっていたわけですね。
新聞折り込みチラシを例に考えてみると、広告主側が求めているターゲットは決まっていても、ターゲットの絞り込みは広告主側では不可能ですよね。
チラシは、それとなんにも関係の薄い人にまで渡ってしまいます。
これは、大きな経費のロスになってしまいます。
その「ロス」が、リスティング広告などのインターネット広告にはないのです。
それは、大きな違いといっていいでしょう。
不特定多数の人にやみくもに宣伝するのではなく、実際、「その気がある人」に直接、広告を送ることが出来るのが、「ネット広告」だと言えます。

今までの広告との違い

そもそも、今までの広告のスタイルとインターネットの広告のスタイルとでは、どうして違うのでしょう。
今までの広告とは、テレビのコマーシャル、新聞、雑誌、電車の吊り広告、街角のポスター、町中で配っているチラシ、家のポストになぜだか行き着くダイレクトメールなどがありますね。
一方、インターネットの広告とは、リスティング広告などが挙げられます。
リスティング広告って言葉を初めて聞いた方もいることと思います。
リスティング広告とは、ヤフーやgoogleで検索したとき、画面の上部と画面の右側にいくつかの広告が出ているあれのことです。
また、サイトやブログの画面の下の方に出ている、同じ広告もリスティング広告です。
前者は、私達の気持、興味とは無関係にありますし、どっか一方通行な感じがします。
但し、後者は、私達の興味のあるもの、必要なものだけ、そして必要な量だけ、情報を引き出すことが出来るのです。
現代社会は、「情報の洪水」といわれることがあります。
但し、これは、当社にとって興味のない、無関係の情報だらけでした。
ですから、普段は興味のないCMにジリジリし、ダイレクトメールを開けずに捨ててしまう方もたくさんいると思います。
また、興味を持ったとしても、テレビの少ないCMでは、それ以上の細かい情報を得ることはできませんでした。
但し、これからは、主体は当社。
私達の興味のあるもの、関心のある情報を、満足するだけ連れ出すことが出来るのです。
ネット広告には、今までの広告に感じられた一方通行な感じは、微塵もありません。

CMとネット広告の違い


あなたは、テレビを見ている途中、車のCMを見ました。
眩しい車で気になってよりいっぱい情報が知りたいと思ったとします。
CMを見分けるだけでは、それ以上の詳しい情報もわかりませんよね。
他にどんな色があるのか?価格はいくらくらいか?いかなる機能がついているのか?どこに行けば、購入できるのか?そんな、わかり易い情報は、CMからは得られません。
その瞬間は興味があっても、すぐに忘れてしまったり、それ以上自分で見つけるのが面倒になってしまったり。
CMが始まった途端、メモの準備を慌ててしても結局必要な情報は書きとめられなかった。
こんな経験はだれしもあると思います。
但し、リスティング広告もののネット広告では、そんなことは無くなってきます。
今までよりも、「情報を取り逃す」ということが格段に減ってくると思います。
ネットで車の広告を見たとします。
興味のない人は、気付かないか、無視でしょう。
なんとなく興味のある人は、新車情報くらいは目にとまるかもしれません。
そうして、購買意欲を少し持つ人には、商品カタログを見ているような詳細な情報が流れてきます。
どんどん商品について引っかかる人には、「お問い合わせ」がネットでできるようになっています。
グングン、購入希望の人には、ネットショッピングまでできるのです。
「引っかかる人にはどこまでも細かく、そうでない人にもそれなりに」、訴求することができるのがネット広告なのです。
ユーザーの関心度に比例して、初歩的情報、より追究した明るい情報と各種程度の情報を得ることができます。
中けれども、リスティング広告は何より効率的なネット広告だと言えます。

タグ: , , , ,