WiMAX2+ルーター比較 Webマーケティング ダイレクトレスポンスマーケティング

ダイレクトレスポンスマーケティング




直接顧客と接触し、その対話の中購買意欲を促す。
いわゆる「ダイレクトレスポンスマーケティング」ですが、これは一見、webマーケティングとは正反対の方法のように思われがちです。
前もって、インターネットを利用するので、直接対話を試みるという必要性がない、というのがwebマーケティングの特徴のひとつです。
顧客とじかに会って…というのは、大して今ひとつでしょう。
ですが、実際にはwebマーケティングとダイレクトレスポンスマーケティングの間には、密接な関係があります。
これはいざ、素足として営業活動を通じている人なら理解できることではないでしょうか。
というのも、直接顧客と逢う、交渉を行う場合それでも、特に手始めに行うのはメールによる接触です。
そこで信頼を得て、じかに巡り合うというアポイントメントを得て、何とかダイレクトレスポンスマーケティングは成立します。
以前は、その初めの段階を電話で行ったり、あるいは過程を飛ばしたりしていたケースもありましたが、断じて効率が良いとはいえませんでした。
webマーケティングによる初期のアプローチは、不特定多数の相手に対してやれるという利点があります。
そうして共に、即効性もあるといえます。
忽ち直接話をすると尻込みして仕舞う人が多いものだが、メールの場合はそこまで頑なになる人は小さく、経歴を読んでくださる可能性が高いのです。
なのである程度信頼を得ておけば、直接対話をする際にも、いい印象を持ち歩いて臨んで貰えるでしょう。

バイラルマーケティング

ものを譲るという、はるか古代より行われてきた行為において、一際有効な宣伝方法となっていたのは、いわゆる「口コミ」でした。
というより、昔はこれしか方法がなかったといえます。
電話もなければ、紙を刷り上げる技術も薄い。
そういった時代に、どうしてみんなにものを買ってもらうか、そのお店や商品に関して知ってもらうかというと、商品を購入した人が、それを他の人に紹介するという方法しかなかったのです。
従って、口コミというのは、マーケティングの始祖ともいえるものなのです。
そういった口コミ情報によるマーケティングを、「バイラルマーケティング」と言います。
この手法は、インターネットが確立した現代社会においても、マーケティングの主力として多くの企業が利用しています。
また、webマーケティングとの相性も非常に良いので、この世の中にマッチした方法もあるのです。
webマーケティングとバイラルマーケティングを結ぶツールは、いわゆる「コミュニティ」と呼ばれるサイトやサービスの存在です。
SNSやブログ、あるいは掲示板といったコミュニティサイト、コミュニティサービス内において、「この商品は良かった」「このブランドはそれほどよく乏しい」等という批評が毎日数多く寄せられています。
それこそが、現代のバイラルマーケティングなのです。
そのため、マーケティングの観点でいえば、これらのコミュニティを決める、あるいは誘導するということが重要となってきます。

webマーケティングとコンセプト


会社を行う上で、最初に着手するもの。
それは、コンセプトです。
これは、どういう分野においても共通するものであり、コンセプトなくして会社というものは成立しません。
コンセプトというのは、いうなれば地図です。
どっかへ旅行に行く際、その旅行先の地理がわからない状態だと、どこへ行っていいかわかりませんね。
地名や観光名所自体の名前は知っていても、それがどこにあるかわからなければ、途方に暮れてしまいます。
それとおんなじことが、コンセプトと会社に言えるのです。
いうなれば、コンセプトは会社の方向性です。
webマーケティングを行う際、ほんとにそのコンセプトに関して着手します。
どんなコンセプトが企業にはあるのか。
あるいは、ブランド、商品には定められているのか。
そうして、そのコンセプトは正しいのか。
このような点を検討して赴き、場合によっては修正を施します。
コンセプトの段階で、消費者との間に隔たりがあるようなら、webマーケティング自体が成立しなくなります。
そんな意味では、最も重要な作業であり、基本的部分といえるでしょう。
コンセプトというのは、方向性であり、目的であり、目標でもあります。
その企業が何のために存在し、そのブランドがどういった目的で作られ、その商品がいかなる目標を定めているのか…など、こういった全てがコンセプトの中に詰まっています。
要するに、企業理念そのものとして良いのではないでしょうか。

コンセプトの具体的手法

コンセプトを検討する上で重要なのは、そのコンセプトが企業、あるいはブランド、商品、個人といったありとあらゆる対象に対して共通しているかという点です。
それが仮に徹底できていなければ、コンセプトの意味すら失われてしまいます。
企業理念として、この思想がある、こういう目標があるというコンセプトの提言がなされている上で、とすればどうすればそれを達成できるかということを考え、工夫し、発展して出向くことが、仕事の成功には必須なのです。
ただ、それほど全ての企業がこれを確立させているとは限りません。
その場合は、まず全体の理解を統一させるようにしなければならないでしょう。
webマーケティングの観点でいうと、その中には購入者、あるいは相手方といったところも含まれます。
つまり、コンセプトを社内だけの範囲で浸透させるのではなく、顧客に対しても広げて行くということが重要なのです。
それほどすることで、企業やブランドのイメージが自然と確立していきます。
そうなると、例えば「家電はたくさんあるけど、テレビといえばあの会社」という、非常にポジティブなイメージが浸透し、購入する側も買い易くなるのです。
webマーケティングにおいてのコンセプトを決める上で重要なのは、最初から社会の風潮に取り混ぜる、というのではなく、自らの分野における野心や希望といったものをほとんど打ち出し、そこから合わせて行くという流れで取り出すことです。
「今は空気清浄機が人気だから、空気清浄機をたくさん作ろう」では、コンセプトとはいえません。
「空気清浄機の代名詞になるような製造会社になろう」→「どんな空気清浄機の性能に要望が集まっているのか」→「花粉やタバコを吸い取って得る空気清浄機を開発決める」というフローを吐出し、なのでコンセプトを決めるというのが良い流れです。

webマーケティングとミッション


ややコンセプトと被るというイメージがありますが、ミッションというのも、webマーケティングにおいては非常に重要な事項となります。
いよいよ、ミッションは場合によってはコンセプトと同義になることもあるので、コンセプトとの関わりは非常に密接です。
そのため、コンセプトが決定すれば、いつしかミッションも決まって来る。
ミッションというのは、たびたび「使命」という言葉に入れ換えられます。
企業が許す使命、ブランドが許す使命、商品が許す使命。
それぞれに共通したミッションを設定することで、会社の戦略が成立していきます。
ミッションを考える上で、webマーケティングがこなす役割は、主にその企業の使命をインターネットを通じて広げたり、あるいは現代の風潮に合わせて修正したりする、といったものです。
殊に、インターネットが普及する前からあった企業の場合は、戦略面で大きな方向転換が必要となります。
それを軌道修正し、現代の要望に方向づけるのがwebマーケティングの役割と言っても良いでしょう。
webマーケティングというのは、インターネットを駆使したマーケティングです。
従って、企業の使命というものを選定するときの「方法論」という観点において、重要なポジションを担います。
例えば、「エコ」をコンセプトとしている企業が、「エコを日本全体に広げ、意識を決める」というミッションを制定したとください。
その場合、このコンセプトとミッションを掲げたブランドや商品を全国展開する上で、通信販売、あるいは専門サイト、メルマガによる情報提供などを立ち向かうのが、webマーケティングの役割なのです。
逆にいえば、webマーケティングを通じて出向く上では、企業のコンセプトやミッションは必須であり、場合によっては修正も必要ということになります。

タグ: , , , ,