WiMAX2+ルーター比較 Webマーケティング webマーケティングと従来のマーケティング

webマーケティングと従来のマーケティング




あるひとつの商品を並べる場合、いかなる戦略を考えるのか。
これは、現代のみならず、はるか昔からとっくに確立していた思考であり、方針です。
ものを並べるということを分析した場合、単純に商品の魅力がその購買力となることは確かですが、かりに魅力がある商品だとしても、それを知らない人は貰うことはありません。
ともかく、どんなに商品とその商品を売っている人あるいは店、会社、ブランドといったものを知ってもらうか、ということが非常に重要となってきます。
そうして、その点をより効果的に、一段と合理的に突き詰めて出向くのが、「マーケティング」と呼ばれるものです。
マーケティングとは、本当は広義的言葉で、その意味はかなり大きく捉えられています。
ただ、一般的な意味での「マーケティング」という言葉を理解する上では、フィリップ・コトラー氏の定義が最もわかりやすいかもしれません。
彼がマーケティングの定義としたのは、「個人、団体が編み出す製品や創造に対しての要望、ウォンツを満たすプロセス」です。
社会的、あるいは管理的プロセスこそがマーケティングであるという考えですね。
これが何を意味するのかというと、「顧客評価」を決めるという点に尽きます。
顧客の評価をどうすれば厳しくできるのかを策するのが、マーケティングということですね。
近年まずは、インターネットを通じたwebマーケティングが従来のマーケティングの方法を抑え、主流になってきています。
以前はヒアリングをはじめ、様々なアンケートをし、それを集計して評価等を調べていました。
webマーケティングは、それらの時間的、あるいは金銭的コストを大幅に短縮させるために生まれたマーケティングなのです。

webマーケティングとインターネット

マーケティングという言葉はちょくちょく宣伝広告と同義で捉えられがちですが、実際にはもう幅広い意味を持ちます。
商品を譲るためのノウハウであり、そのノウハウの構築自体がマーケティングと呼ばれることもあります。
そのため、インターネットが情報収集の手段として先頭を走る近年、インターネットによるwebマーケティングが主流になるのは自然な流れといえるでしょう。
インターネットの利点は、その速報性、そして広がりです。
情報というものは、鮮度が命ともいえるくらい速報性が重要です。
分野によっては、一日、あるいは一時間のブランクがクリティカルとなることも十分にあります。
そういった情報社会の中で、絶えず最新の情報を捉えられるインターネットは、マーケティングとの相性が最高に良いといえます。
また、webマーケティング最大の特徴として、リレーションシップが挙げられます。
従来のマーケティングは、雑誌や新聞などのマスメディアによる宣伝広告を中心に行われてきました。
不特定多数の消費者を相手にするため、アンケートひとつ摂るも、いとも苦労していたというのが実状です。
断然、獲得した顧客を個々に管理することが非常に辛く、これらの方法の場合、結構新規獲得に力を注ぐというスタイルになってしまいます。
それに対し、インターネットによるマーケティングの場合は、情報の提供をはじめ、様々なリレーションシップが簡単にできるようになりました。
断然大きいのは、顧客がそのシステムを利用する点です。
例えば、口コミという情報の拡大方法がありますが、インターネットの場合はこれが非常に良い速報性を以て行われます。
そのため新規獲得を既存の顧客が行ってくれるという構図が成立し、顧客の管理が焦点となるのです。

webマーケティングのポイント


インターネットによるwebマーケティングは、非常に大きな強みがあります。
コストの短縮や速報性の高さ、等々…甚だ多くのメリットを持ち歩いている方法で、従来のマーケティングよりはるかに効率は良いとしています。
その中それでもそれほどポイントとなるのが、顧客との距離です。
従来のマーケティングは、顧客の顔がぜんぜん見えない状態でマーケティングを通じていました。
また、マーケティングによってある程度見えてきた後も、その顧客一人ひとりと断続的アプローチを行うと言うことは困難で、結果的に執着をされないで離して仕舞う、というパターンが半ば常識化していました。
だからこそ、新規獲得に力を注がざるを得なかったのです。
一方、インターネットが普及して生まれたwebマーケティングは、顧客一人ひとりとの距離がはなはだ縮められることで顧客の執着心を飼うことが可能となりました。
それによって、リピーター、それも長期間のリピーターを抱えることが出来るようになったのです。
このリピーターの存在は、マーケティングにおいて非常に重要な意味を持ちます。
ありとあらゆる市場において、リピーターはひときわ手にすべき存在であり、それなくして成功はないとさえいえます。
景気に左右されない、硬いリピーターを育て上げることが、長期的成功の秘訣といえるでしょう。
webマーケティングでは、そんなリピーターを生み出すことが出来るのです。
このことは、マーケティングの定義を考えると、非常に大きな進歩といえるでしょう。

webマーケティングのメリット

より個人と向き合えるようになり、リピーターを獲得することに重点が置かれるようになったwebマーケティング。
そのメリットは、非常に多岐に亘ります。
例えば、広告ひとつをとってもさんざっぱらGoodです。
従来の宣伝広告方法は、マスメディアの利用がスゴイシェアを占めていました。
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌…これらを最大限利用し、顧客の獲得を願うというのが主流でした。
この方法自体は、webマーケティングが主流となってからも失われてはおらず、依然有効な手段として利用されています。
ただ、しばらくおんなじ戦略が続いたことで、ある程度宣伝手法が出尽くした感もあり、消費者にとっては皆目新鮮味のない伝達方法となってしまっているのも事実です。
そういった中、新たに生まれたインターネットによる宣伝広告では、これまでのマスメディアではできなかった様々な方法が利用出来るようになりました。
例えば、消費者参加型のイベント、キャンペーンや、公式サイトによる顧客との一対一のやり取り、あるいは電子商取引など、その方向性はいきなり広がりを見せています。
そうして、webマーケティングの大きな長所として、何しろコストダウンという点が大きいといえます。
テレビや新聞による宣伝は、みんなの目に触る分、非常に良いコストが必要です。
ですが、インターネットは非常に安価での宣伝で、思い切りみんなに見てもらえるという利点があります。
また、直ちに最新の情報を反映出来る速報性も魅力です。

webマーケティングのデメリット


数多くのメリットを生み出したwebマーケティングですが、さすがに全てにおいて万能というわけではありません。
乏しいながらも、デメリットは存在します。
重要なのは、そのデメリットを解析し多少なりとも押さえること、あるいはデメリットがデメリットでなく変わるような方法を考えることに尽きます。
そのためには、webマーケティング特有のデメリットに関して知っておく必要があるのです。
コストが低く、速報性が厳しく、即効性も期待出来るインターネットによるマーケティングですが、一歩間違うと大きな落とし穴が待っているケースもあります。
とりあえず、インターネットの利用者。
すでにほとんどの人が利用してあり、パソコンや携帯電話を使用しているからといって、ういういしい人達がメインであるという認識はもはや時代遅れです。
だからこそ、そこに落とし穴が待っています。
例えば、以前であれば「パソコンをちゃんと使える人」というハードルが存在し、ある程度の年齢と良識を有する人がWeb上の宣伝広告を見ていたのですが、今はそうではありません。
それこそ、小学校の低学年けれどもウェブの情報を収集している状態です。
そのため、場合によっては有害な情報と示唆罹ることもあります。
また、自身の生の言葉を発信するツールが年々増えていますが、これも要注意です。
従来の宣伝方法は、さほど管理された中で発信されていました。
ですが、ツイッターをはじめ、近年のWeb上の情報は個人がポッと出して仕舞うケースが手広く、それが場合によっては問題発言となって商品のイメージにまで影響を及ぼすについてが増えています。
便利だからこそ、扱いが酷いという面もあるのです。

タグ: , , , ,