広告費




広告費について語る前にGoogleアドワーズに関してもう一度説明します。
企業や個人が広告を差し出すことで集客や売り上げにつなげたいとして利用するものがGoogleアドワーズです。
これに対して自分のサイト内に広告を掲載して報酬を得たいと考える人が利用するのはGoogleアドセンスと言います。
Googleアドセンスでは、1クリックして味わうごとにいくらかの報酬を感じ取ることができます。
これに対してGoogleアドワーズでは、1クリックしてもらうごとにいくらか広告費を払うものです。
1クリックにつきいくらか広告費を払うことでGoogleの検索結果表示ページに掲載してもらいます。
たとえば自分のサイト内に100のアクセスがあったとします。
1クリックの広告費が10円だった場合、100*10で1,000円の広告費を払うことになります。
実にクリックがあった分のみの広告費を払うというのがアドワーズの特徴です。
まずは1クリックごとの広告費はいくらになるのでしょうか。
それはキーワードによって違いがあります。
1クリックあたりの価格は入札形式になっていてずっと変動しているため、このような違いができるのです。
検索結果の上位ページに表示させるためには、他の広告主よりたくさんの料金を払うことになります。
このため人気があるキーワードは1クリックごとの費用が高くなっていて、おっきいものになると単価が4ケタになるものもあるそうです。
ただし中には質のいい広告は安っぽいものそれでも上位に表示させることができるものもあるそうです。

料金システム

アドワーズの料金システムについてお話しします。
Googleアドワーズでは広告がクリックされると料金が発生する仕組みになっています。
料金は前払い制になっています。
つまり事前にGoogleに支払った金額分アクセスされて残額がなくなると、自動的に広告は表示されなくなります。
自動的に料金の発生もしないので、前払いした分だけを広告費とすることができて予算が組みたて易くなっています。
ただし1クリックでいくらというシステムを考えてみると、「不正クリック」が気になるところです。
100アクセスを見込んで料金を支払っていたとして、100アクセス達成できたとしてもそれが妨害目的でのクリックであったり、広告収入目的でクリックしていたりしたら効果がありません。
一層悪質なものになると、自動でクリックをし続けるというプログラムにおいて何度もクリックして来るケースがあります。
ただし安心してください。
Googleアドワーズではこのような不正に関して非常につらいチェックを通じています。
Googleアドセンスなどでも自分で自分のサイトの広告をクリックして報酬をもらおうとするとGoogleから警告がきます。
最悪の場合アカウントを削除罹ることもあります。
このように不正クリックに関して、Googleの広告システムでは高くチェックしているので安心して利用することができます。
Googleアドワーズで広告を出したいとしているのであれば、このような料金システムなどに関しても充分知っておくことが大切です。

1クリックの料金


キーワードによって1クリックごと料金単価が違うことは先ほどお話しした通りです。
これはGoogleアドワーズの料金システムで、キーワードによって人気が異なっているために設定されている仕組みです。
たとえば「保険」とか「クレジットカード」とか「転職」といったキーワードはかなり高額な単価設定それでかなりの料金を支払わなければ1クリックして貰うことができません。
日頃テレビでよくCMしているジャンルは前もってWeb上でも人気があります。
広告主の多くがキーワード検索結果表示ページで上位に表示されることをねらっているので、他社よりも高い料金を払うことで掲載順位を上げています。
このようなやりとりによって1クリックあたりの料金が高くなっていってしまう。
固有名詞などの場合は、1クリック10円程度と安い値段で広告を示すことができる場合がほとんどです。
それは固有名詞の場合は、広告主同士が争うことがないからです。
ですから人気がある高額キーワードは使わないように限ると思います。
自分のサイトに合ったもので、しかもページ収入を振り上げることができるキーワードを選んで使うようとして下さい。
これはGoogleアドセンスにも呼べることで、1クリックするごとに得られる報酬も「保険」や「クレジットカード」など多くの企業が競り合うようなキーワードは高くなっているのです。
Googleアドワーズで広告を出すならば、大切なのはキーワード設定。
皆に検索して頂けるキーワードであること、しかり1クリックあたりの料金がきちんと悪いものを選ばなければ利益を得られないので注意が必要だということです。

1クリックの広告費を調べる

1クリックでいくらの広告費が掛かるのか考える方法を教えます。
Googleアドワーズのキーワードツールを使えば簡単に1クリックあたりの広告費がわかります。
Googleアドワーズにログインすると、キーワードツールを利用することができます。
甚だ便利なツールなのでどうしてもチェックしてみてください。
キーワードツールの画面で、1つのキーワードや複数のキーワードなどを入力して「キーワードの候補を取得」ボタンをクリックすることで多くの候補を表示します。
そこにクリック単価の見積もりや競合する広告主の割合や検索ボリュームなどを表示してもらえる。
この時点で人気キーワードの場合、1クリックあたり数百円から数千円もしますから、このようなものは選ばないようにしなければなりません。
逆に人気のないキーワードの場合、1クリックあたり1ケタから2ケタで格安のキーワード単価になっています。
但しこのようなもので広告を出しても検索する人も少ないわけですから、クリック数がいまいち期待できません。
ではどんなキーワードにするのがいいのでしょうか。
それは自分のサイトにぴったりと見合うキーワードで、さほど1クリックの値段が低いものを選ぶことです。
検索ボリュームはある程度無視して考えていいと思います。
なぜかというと、キーワードツールは検索結果表示を山ほどできるからです。
検索数が少なくて人気の弱いキーワードも、山ほどあればアクセス数を集めることは可能ですからです。
あるキーワードで広告をアドワーズに出したとして、そのキーワードをクリックしてサイトに訪れる人が1ヶ月に1人だったとします。
但しそんなキーワードを100個登録しておけば、毎月で100人の人が訪れてもらえることになります。
最初はアクセスの少ないキーワードでも着実に増やしていくところから設けるのが安全だと思います。
ある程度アドワーズに慣れてきて収入も上がってきたなら、幾らか人気のあるものにチャレンジしていけばいいと思います。

リスティング広告


「リスティング広告」とは、検索エンジンで結果表示された画面の右側や上部スペースに、検索されたキーワードと連動しているテキスト広告を表示するものです。
つまり「Googleアドワーズ」はリスティング広告というわけです。
リスティング広告には、Googleアドワーズの他にも代表的なものとして「Yahoo!リスティング」が挙げられます。
Yahoo!リスティングの主要配信先は「Yahoo!」で、Googleアドワーズの主要配信先は「Google」というわけです。
主要配信先以外にも提携パートナーと呼ばれているものがあります。
「Yahoo!リスティング」の提携パートナーとしては「Excite」や「Bing」や「Infoseek楽天」や「@nifty」や「All About」などがあります。
「Googleアドワーズ」の提携パートナーとしては「BIGLOBE」や「goo」や「livedoor」や「AOL」などがあります。
これらの提携パートナーも合わせると、Yahoo!リスティングとGoogleアドワーズだけで日本のポータルサイト9割以上をカバーできているそうです。
よって何より効果的広告の出し方としては、GoogleアドワーズとYahoo!リスティング両方に広告をもたらすことが一番いい方法であると考えられます。
ただYahoo!とGoogleではユーザーの属性が多少違うので広告を現す際にそれらを考慮することがポイントとなります。

除外キーワードの設定

除外キーワードを設定することでGoogleアドワーズの費用対効果を改善することができます。
Googleアドワーズではキーワードが部分一致してしまった場合、意図していない検索クエリに対しても広告表示をしてしまうことがあります。
除外キーワードを設定しておけば、余分な検索クエリに広告がでて仕舞うことはありません。
たとえば手作りのカバンを販売していて広告を出している場合、部分一致しやすいキーワードとしては「カバン 手作り」とか「カバン 通販」だと思います。
ただし「カバン」というキーワードだけで一致してしまうと「ブランド カバン」と検索するユーザーのWeb上にも広告を出して仕舞う場合があります。
販売しているのは手作りのカバンですから、「ブランド」というキーワードでは成果に結びつきづらいと思います。
このような場合、除外キーワードを設定しておくことで、除外キーワードに「ブランド」とか「高価」など関係のなさそうなキーワードを登録しておくことで「ブランド カバン」と検索した人のWeb画面には広告が表示されません。
部分一致では、いかにして除外キーワードをたくさん探しあてることができるかが無駄を潰すポイントとなります。
自分の広告に関しましている有効的キーワード探すことと同時に自分の広告とは違う方向をめぐって仕舞う可能性のありそうなキーワードを見い出すことがアドワーズを効果的に利用するために大切なことなのです。
除外キーワードは、アクセス解析から狙う方法やアドワーズのクエリレポートで狙う方法があります。
除外キーワードをかしこく活用して、費用対効果をアップさせるようにしてください。

タグ: , , , ,