他広告との違い




アドワーズと同じようにWeb上に広告を生みだすツールは他にもあります。
「広告」や「メルマガ」などの方法です。
広告とはWebサイト上で会社名や取り扱っている商品、サービスなどを宣伝できるものです。
特徴としては、手強いインパクトのある情報を伝わることです。
デメリットとしては、Webに掲載されているコンテンツと広告の関わりがうすいと他のホームページに誘導されて仕舞うことがあり思ったほど効果が上がらないこともあることです。
メルマガ広告とは事前に読者リストにてターゲットが限定されていて購読者の志向と商品が合致することでWebサイトに誘導することができて一定の効果が期待できます。
ただし最近では多くのメーリングリストへ登録しているために、大量に情報メールが届き埋もれてしまうことが多くなっています。
またスパムメールやウィルスメールなども増加しているため、ドメイン拒否などを行っているユーザーが多く賢くメールを送り届けられないこともあります。
これに対してアドワーズ広告は、Googleの検索エンジンにてキーワードを検索すると、検索表示画面の上や右側にテキスト表示されます。
そのため対象となる利用者にピンポイントで広告を表示することができるのです。
リアルに利用者が興味のある情報についている広告を直接見せることができるのです。
このように他の広告よりも見込み顧客へ質の高いアピールをすることができて、広告効果も高くなっています。

費用発生について

アドワーズの大きな特徴として、「クリック課金制」が挙げられます。
つまりいかほど広告を表示していても、利用者がクリックさえしなければ費用は発生しないということになります。
利用者がクリックした回数によってその分の広告料のみを払うというシステムになっているのです。
つまり事前に設定しておいたキーワードの検索画面に広告が表示されても、利用者が広告をクリックしてくれなければ広告料は課せられないということです。
また事前設定の段階で予算の上限を決めておくことができるため、運用し易い点もメリットとして挙げられます。
広告表示だけは無料で行えて、自分たちのサイトにちゃんと誘導できた分に対してだけ利用料金を払うという効率的な運用方法です。
そのため従来あった高めオンライン広告に関して大きい顧客のアクセスとコストパフォーマンスを数段よくすることができたツールです。
利用者が入力したキーワード検索に合った関連広告を表示するために、前もってその分野に興味のある利用者に直接広告掲示ができるのです。
欲しがっている人にほしいものを無駄無くアピールすることができるわけです。
アドワーズでは広告のクリック率が、メール広告や広告などに比べて断固高くなっています。
これがアドワーズの大きな特徴と言えるものだと思います。
1クリック1円から利用することができるため、余計な費用は一切掛かること無く効果に見合った予算を組むことができます。
従来のクリックされづらい広告に関してスゴイ費用対効果があります。

アドワーズの効果


近年は様々な形の広告メディアが存在しています。
広告もただ出せば好ましいものではありません。
どの広告媒体が売り上げに貢献できているのか正確に把握して広告を出さなければ無駄な浪費になります。
アドワーズの場合、キーワードごとにその成果を分析することができるため、売り上げ効果の高いキーワードに対して集中的に投資することができます。
アドワーズでは、乏しい広告費で多くの見込み顧客を獲得することができます。
効果のあるキーワードだけに管理する時間を使い果たすことができます。
効果のあるキーワードだけに資金投入することができます。
アドワーズというクリック課金制の広告では、次のようなメリットがあります。
数少ない金額から広告を始めることができること。
大手検索エンジンにある上位ページに表示することも可能であること。
バナーよりも購買率や投資収益率が良いこと。
デメリットとしては、キーワードを選定したり、コメントを作成したり、広告期間を管理したりと手間が繋がることです。
そうして長期間掲載するには費用が繋がることが挙げられます。
これに対してバナーの場合は、料金が定額であることがメリットとして挙げられます。
サイト紹介を画像でできるため利用者の目を退くことができます。
管理などの手間がかかりません。
デメリットとしては、購買率や投資収益率が悪いこと。
バナーを掲載する先によってその効果に差がでることなどが挙げられます。
このようにしてそれぞれの効果、メリット、デメリットなどを比べながら、自分たちに合った方法を選ぶといいと思います。

短所

今までにもいくつかアドワーズのメリットなどについてお話ししましたが、ここでアドワーズの短所についてまとめたいと思います。
アドワーズの短所ひとつ目は、インターネット上で立ち向かう操作が複雑でわかりにくいことです。
アドワーズを利用開始するときの開始手続きに始まって、キーワードの選定や広告文の登録、管理面などアドワーズ広告に関して必要な作業はすべてインターネット上でできます。
これが宜しいようで低い、操作が苦しいので慣れるまでの間はかなり時間がかかってしまうと思います。
アドワーズの短所2つ目は、効果的キーワードを選ぶことが耐え難いことです。
キーワードの選定はアドワーズ広告にとって大きなポイントとなります。
多くの人物に検索して味わうためにも、成果をあげることができてかつクリック料金が小さくできるようなキーワードにすることは簡単なことではありません。
ただなんでもいいからキーワードをともかくたくさん出稿すればよろしいというものではありません。
その分クリックされて売り上げ効果が得られなければ無駄にコストがかさんでしまいます。
アドワーズの短所3つ目は、データ収集した使い道が不明なことです。
アドワーズではどのキーワードが、どの広告が何回クリックされて何回表示されたのか、コストはいくらになるのかなど多くのデータを得ることができます。
但しこのデータをどのように利用すればいいかの説明が特にないので相当うまく活用できません。
効果的にアドワーズを通じて行くためにも、色んな角度からこのデータを検証できる力が必要となります。

タグ: , , , ,