アドワーズとは




「アドワーズ」とは大手検索エンジンサイト「Google」が提供している広告主向けのサービスです。
Googleで検索するとその検索結果に連動させてWeb広告を掲載するのです。
インターネットを利用する人が打ち込んだキーワードに関しましている広告が自動的に表示されるので「検索連動型広告」とか「リスティング広告」とか「キーワード広告」とも言われます。
広告を掲載したい広告主は、最初に申込みをします。
次に掲載したい広告、広告に関連したキーワードを選んで登録をします。
このキーワードは広告と検索エンジンの閲覧結果を連動させる大切なものです。
広告とキーワードを登録しておけば、Googleによって検索している人がキーワードものの言葉で検索をかけたときに検索結果と共に広告が表示されます。
一層グーグルアドセンスに契約しているWebページでキーワードの言葉ものの内容のWebページがあれば広告を表示できます。
検索された単語やWebページの内容に対して広告を連動させて、利用者ごとに興味のある広告を効果的に打ち出すことができます。
そのためアドワーズを利用することで興味のある人に対してピンポイントで宣伝できるため、高い宣伝効果を得ることができます。
集客アップや売り上げ向上などの成果につながり易いのです。
利用者のクリック数でグーグルアドセンスへの課金金額が決定する仕組みとなっています。
風土がある広告は特定地域に対してだけWeb広告を表示するという設定もすることができます。
●目次
アドワーズとは
特徴
キーワード
アドワーズの認定資格
個人認定資格
認定パートナー
認定パートナーを使うメリット
認定パートナーの料金
他広告との違い
費用発生について
アドワーズの効果
短所
アドワーズ運用プロ
スケジュール設定
アフィリエイトでの有効活用
広告費
料金システム
1クリックの料金
1クリックの広告費を作る
リスティング広告
除外キーワードの設定
品質スコア
品質スコア2
品質スコアの要素
品質スコアの要素2
品質スコアの要素3
品質スコアの対策
モバイル広告
モバイル広告の効果
click to call

特徴

アドワーズ広告では手軽に作成できて作成とあまり共々Web掲載されるため、急性キャンペーンを行う場合の告知なども直ちに対応出来るメリットがあります。
また短期間で厳しいアクセスも期待出来るというメリットがあります。
アドワーズ広告の特徴を見せると、クリック課金制であることです。
検索エンジンで単語を検索して、アドワーズ広告が表示されたとしても、その広告自体をクリックして開かなければ広告料が課せられるということはありません。
なお、アドワーズ広告が掲載される順番に関しては、競り市制になっているので大きい金額で入札した広告から順番に上位表示されることになります。
具体的に言うと、「入札金額*クリック率」によってスコアの良い順番に表示されるのです。
そうして最小入札価格を決めるためにキーワードの品質を評価するために取り扱うのが「良質スコア」と言います。
キーワードのクリック率や広告テキストとの関わりや該当キーワードの過去の掲載状況を通して品質スコアが決められています。
良質スコアが高ければ良い方が最小入札価格は低くなり、広告をクリックしたときに払う価格も低くなるのです。
アドワーズ広告の表示位置は2ヶ所あります。
一門目は検索結果ページの右部分に表示されます。
2つ目は検索結果ページの一番上に表示されます。
入札価格によっても広告が表示される場所は変動します。
一層Googleのアドワーズ広告に登録すると、GoogleのサイトだけではなくGoogleのパートナーサイトが運営している検索サイトやコンテンツサイトにも広告が掲載されることになります。
パートナーサイトにも広告を掲載することが出来るため、広告主が選んだキーワードを検索したユーザー、つまり見込みユーザーに効果的に宣伝することが出来るのです。

キーワード


アドワーズでは広告掲載料金がタダです。
利用者が広告をクリックすることによって課金わたる仕組みです。
料金の上限を設定することも可能です。
つまりアドワーズで広告掲載するのであれば、いかにして利用者にクリックしてできるか、選ぶキーワードがポイントとなってくるのです。
ここではキーワードづくりのポイントを紹介します。
1つ目は対象地域が日本全国で、商品を通信販売したい場合。
予め「商標」や「商品カテゴリ」をキーワードとするのが当たり前です。
さらに「商品の特徴」を組み合わせたキーワードも有効です。
たとえば「商標」は「みかん」、「商品カテゴリ」は「くだもの」、「商品の特徴」は「みかん 無農薬栽培」といった感じです。
2つ目は店舗がある場合、特定の地域だけを対象として提供したい場合。
「商品カテゴリ」や「商標」にプラスして「地域名」や「都道府県」や「最寄り駅名」などをキーワードとして追加するといいと思います。
たとえば「ラーメン屋 横浜」とか「料理教室 大阪」といった感じです。
3つ目は通常お店では貰えそうにないものを販売したい場合。
一般的にお店にいって一気に手に入りにくそうなものは、インターネットで検索して見いだす人が多いです。
わかりやすく商品カテゴリをキーワードとしてもっぱら含めるといいと思います。
たとえば「セキュリティシステム」とか「屋台」といった感じです。
4つ目はイベントに関連するもの、特定の記念日、季節などに取り扱う商品を提供する場合。
商品を求める人が多くなると思える季節や、記念日、イベントなどをキーワードとするといいと思います。
たとえば「正月」とか「夏」、「クリスマス」、「母の日」とか「父の日」、「バレンタインデー」、「運動会」とか「花火大会」といった感じです。
キーワードはこのように設定することでより高い効果を期待することができます。

タグ: , , , ,